書肆じんたろ

読書は著者との対話、知りたいことのseek & find、ひとときの別世界。 真理には到達できないのに人々はそれを求め続ける。世界が何であるかの認識に近づくだけなのに。正しいことより善いことのほうがいいときもある。大切なのは知への愛なのか、痴への愛なのか。



悪と何か?
人間は、自分とは異なる考え方や意見をもつ他者との関係のなかで、初めて人間らしさや複眼的な視座を保つことができるとアーレントは考えていました。多様性と言ってもいいでしょう。アイヒマンが加担したユダヤ人抹殺という「企て」は、人類の多様性を否定するものであり、そうした行為や計画は決して許容できないというわけです。
アーレントは人類の多様性を否定することを「悪」だと考えていた。

1920年代後半から、ムッソリーニたちが自分たちの運動を「全体主義」と形容するようになった。それまで地域共同体や階級のなかに押し込められていた人たちがそこから流れ出し、「アトム」と化した結果、国民国家運動へと駆り出されたとも言える。
人権は万人にあるというのは幻想だったということです。人権を実質的に保障しているのは国家であり、その国家が「国民」という枠で規定されている以上、どうしても対象外となる人が出てしまいます。国民国家という枠組み自体も、強固なものではありません。民族という曖昧な(アーレント曰く、架空の)概念で崩せてしまうほど不安定なものであり、戦争や革命が起きれば、もはや何の役にも立ちません。
全体主義のキーワードは「大衆」「世界観」「運動」そして「人格」だ。
ナチスドイツは最後にユダヤ人の「人格」を抹殺しようとした。ガス室に送るだけでなく、もともと存在しなかったように生存の記録も消した。
この本の帯に「なぜ、誰も止められなかったのか」と書かれている。
その答えは、ミルグラムのアイヒマン実験(ミルグラム実験)が証明しているのだろう。
ある条件が整うと、8割以上の人が「悪」を指摘できない。止められないのだ。
ミルグラムの実験は、閉鎖的な環境において、権威者に従う行為でどこまで残虐になれるかを明らかにした。専門家の言説、権威者、決められた手続きの指示通りなどによると8割の人が被験者に電気ショックを与える指示をしてしまう。
ある条件がそろえば、誰も「悪」を止められなくなる。
そうならないためには「複数性に耐える」ことがその鍵になると仲正氏は言う。
「複数性に耐える」とは簡単にいうと、物事を他者の視点で見ると言うことです。
アーレントが複数性にこだわっていたのは、それが全体主義の急所だからです。複数性が担保されている状況では、全体主義はうまく機能しません。だからこそ、全体主義は絶対的な「悪」を設定することで複数性を破壊し、人間から「考える」という営みを奪うのです。
考えることを失うことはアーレントによって「無思想性」と呼ばれている。
仲正氏がアーレントにこだわるのはこの点。考えること。
マイケル・サンデルの方法を学生の意見を政治思想のタイプで相対化して考える方法として仲正氏は評価している。



安倍元首相の銃撃事件があって、仲正氏がときどきコメントしている。
それで初めて仲正昌樹という哲学者が統一教会の元信者なのだと知った。
ドラッカーまでテツガクする変わった哲学者が統一教会の元信者とは、安倍元首相の事件と同じくらいに衝撃だった。

この本があることを仲正氏のコメントで知り、読んでみた。
仲正氏が東大に入学したときに、周りを見て劣等感に苛まれていたのを救ったのが原理研だったこともわかる。
救われる体験がこの教団であったことも仲正氏は正直に書いている。
しかし、壺はおろか珍味を売ったりすることも苦手で、教祖に帰依するということにも不熱心な信者だった。社会に適応することができない仲正氏は、教団にも適応できなかったのだ。
そして今、金沢大学に職を得てもやっぱりその組織に適応できていないように思う。
なのにハンナ・アーレントもヴィトゲンシュタインもあんなにわかりやすく解説できるのはなぜだろうか?
仲正氏は尊敬する哲学者はいないという。亡くなった人物を尊敬することはできないし、生きていたとしても何か気に入らないところを探してしまうだろうということを書いている。
テツガクするとはそういうことかもしれない。
哲学とはそれでいいのかもしれない。

エデンの園が失われて以来、キリスト教では神とサタンが長い戦いとしてきたことになっている。歴史の終わりには神側が勝利し、メシアのもとで神の王国が実現することになっている。
それに対応するように、マルクス主義では、原始共産制社会が失われて以降、被支配階級と支配階級の間で階級闘争の歴史が展開し、歴史の終わりにはプロレタリアートが勝利し、共産主義社会が実現するとされている。こちらでも〝原初の幸福な状態〟の再現という形で「歴史が終わる」ことが〝預言〟されているわけである。
神という言葉は出てこないものの、過去から未来まで歴史を貫くひとつの普遍的発展的法則があり、歴史の終わり方も決まっているという考え方自体が、極めて宗教的である。
そして、民青や反原理闘争が、原理研みたいな小さなサークルを目の敵にするのは、近親憎悪なのではないかと仲正氏は言う。

元首相銃撃事件の反動で、最近の報道が反統一教会キャンペーンになり、統一教会と関係があったものを、あたかも悪魔狩りみたいにニュースでは扱っている。それをまたSNSで書く人がいる。
あれなんかはカルトの一種だと思う。
人間誰しもそれまで築いたフレームから自由になることはできない。
他人に迷惑をかけない宗教ならそれも許容すべきなのだろう。
もしも統一教会がオウム真理教のように解散に値する団体なら、そういう法的な手続きを取るべきなのではないだろうか。犯罪と結びついているならそれを理由に訴訟を起こすとか。それとも献金が行きすぎているならそれをなんとかするように行政が指導すべきだろう。

宗教と出会い、そこから離れ、仲正氏はぎりぎりのところで生きてきたように思う。本人はそういう自覚もなかったかもしれないが、原理研の立て看板を守るために、民青や左翼と殴り合って負傷したこともあるという。

宗教とは何か、哲学とは何かを考える上で、とてもよい本である。



訪問看護ステーションの設置から運営までよくわかる本。

本の中にあるような図をネットで探すと、訪問看護ステーションのしくみはこんな感じ。

houmon

介護保険だけでなく、医療保険も利用している。

hoken

設置母体は株式会社が半分以上。年々比率は増えている。

settibotai

株式会社は設置準備の期間が短いという利点がある。社団法人も2人でできる。NPO法人になると10人必要になるし、財団法人も7人が必要になる。

この本では開設資金は、準備資金270万円、運転資金900万円、合計1170万円で計算している。人件費は最低6か月分準備しておくということ。
そのほか、この本はさすが日本法令の出版とあって、行政への申請などに詳しい。



2010年に診療報酬・介護報酬のダブル改定があった。政府が在宅医療を推進したことがビジネスチャンスを生み、それまで5000カ所くらいだった訪問看護ステーションが2020年4月時点では11,931カ所になった。急増している訪問看護ステーションだが、実は廃止や休止も多い。2019年度には1,376カ所が新規届出したが、526カ所が廃止し、238カ所が休止している。廃止や休止の主な理由は、人材不足だ。
訪問看護ステーションは看護師配置の2.5基準というのがある。常勤看護師が週40時間勤務なら、常勤一人に加えて、非常勤を含む1.5人分の労働時間がある看護師が必要という基準だ。募集しても人材不足でその基準に達しなかったり、訪問看護ステーションを持っている病院の人事異動でその基準に満たさなくなったりして閉じるケースが多い。また、大規模化が進み統廃合で無くなっているケースもある。
また、利用者確保ができないで潰れるケースもある。だからエリアマーケティングも重要らしい。人口10万人あたり6~8カ所というのが現在の訪問看護ステーションの設置数だ。大体人口1万人に対して1カ所が目安というのが常識らしい。横浜南区だと面積12.63平方キロ、人口194,497人、93,609世帯、65歳以上人口24.6%、生活保護率0.38%、地域包括支援センター8カ所。ここだと12~19カ所くらいが適正なのだろう。それ以上だと過剰ということ。
開業資金は1000~1500万円。1000万円を借りて、7年程度で返す計画が妥当らしい。
開業資金の内訳は、敷金や設備投資・備品で120万円、家賃で94万円、人件費で984万円、その他で100万円でも1300万円になる。
賃金支給や労働保険関係で社労士が必要だったり、税金のことで税理士が必要だったりするかもしれない。それよりなにより設置の理念やミッションが無いとみんなを引っ張っていけない。
所長が重要な役割になるのだろう。



北条氏の時代 (文春新書)
本郷 和人
文藝春秋
2021-11-18


頼朝の挙兵、平家の滅亡、鎌倉幕府の始まりから北条氏の執権政治、鎌倉幕府の滅亡までが北条氏の時代だと言える。
天皇で言えば、後白河、高倉、安徳、後鳥羽、土御門、順徳、仲恭、後堀河、四条、後嵯峨、後深草、亀山、後宇多、伏見、後伏見、後二条、花園、後醍醐まで。
執権は、北条時政、義時、泰時、経時、時頼、赤橋長時、北条正村、時宗、貞時、師時、宗宣、煕時、基時、高時...
では、将軍は?
頼朝、頼家、実朝まではわかるが、実朝暗殺の後、将軍は誰だっけ?
この時代、荘園を巡るトラブルが多かった。幕府(北条氏)は御家人の窓口となって荘園の争いを一括して引き受け、裁定しなければならなかった。そうすると源氏よりも高貴な上皇の血筋であればいうことない。神輿に担ぐなら源氏の血筋よりも天皇だと北条義時は考えた。この段階で鎌倉幕府にとって源氏の血はもう必要でなくなっていた。それで、後鳥羽上皇の皇子を将軍に付けようとしたが、後鳥羽上皇が皇子を危ない目に合わせることで断ったため、摂関家九条家の少年・三寅を将軍に決めた。しかし、幕府と朝廷の対立は決定的になり、承久の乱が起きた。
藤原頼経、藤原頼嗣のあとは、宗尊親王を将軍とした。その後も惟康親王、久明親王、守邦親王と天皇家が将軍の座にあったのだ。
鎌倉幕府の権力の中心はいったいどこなのか?
それがNHK大河ドラマの「鎌倉殿の13人」ということになるのだろう。
文官グループ:中原親能、大江広元、三善康信、二階堂行政。
三浦義澄、和田義盛、八田知家、安達盛長、足立遠元、梶原景時、比企能員、北条時政、江間義時。
三浦義澄は源氏に使える武士の家系。義澄の子が義村でその従兄弟が和田義盛。八田知家も源氏に使えた武士。安達盛長、足立遠元も頼朝の家来。
梶原景時は平家軍から寝返った御家人。比企能員は頼朝に重用された御家人で北条氏よりも力があった。
合議と言うより、陰謀を策略で次々と御家人が消えていった。
このバランスの上で、ときには「政子カード」を使いながら運営されたのが鎌倉幕府なのだろう。

このページのトップヘ