一番伝わる説明の順番
田中耕比古
フォレスト出版
2018-06-08


職場で、自分には説明力が不足していると言っている従業員が多いというアンケート結果を見た。
それで、その手の問題解決で良い本がないか、本屋で探した。
面白そうだったのがこの本。帰りの電車で読めてしまったけど。
著者によると、説明がわかりにくいのは、その人の頭が整理されていないから、とバッサリ。
自分で考えることの順番と、相手に説明することの順番は違う。
その上で、著者は、話す順番が大事だが、その前に
①相手と自分の知っている前提をそろえる
ことが大事とか。そして、
②結論・主張・本質
③根拠・理由・事実
④補足情報
⑤結論・相手に促したいアクション
が、自分主導の場合の説明の順序だと言う。
相手から質問される場合はまた違うと。
グロービスのプレゼンの本でも強調されていたが、この本でも、相手が知りたいことを明確にするのが第一歩だと言っている。
冗長な説明を直すには、
・サマライズ
・クリスタライズ
のスキルが必要だとも。
サマライズは要約だけど、クリスタライズは結晶化=本質を取り出すこととか。
この本には「本質」って言葉が随所に出てくる。
でも、哲学的な意味ではなく、「枝葉」に対する「幹」とか、ストーリーにおけるキーワード程度の意味で使っているようだ。