書肆じんたろ

読書は著者との対話、知りたいことのseek & find、ひとときの別世界。 真理には到達できないのに人々はそれを求め続ける。世界が何であるかの認識に近づくだけなのに。正しいことより善いことのほうがいいときもある。大切なのは知への愛なのか、痴への愛なのか。

カテゴリ: 小説・文学



三島由紀夫の割腹自殺事件って、何を訴えていたんだっけ?
あらためて思い出すと、確か自衛隊に天皇の国を守れとかなんとか言っていたような....。
二・二六事件は北一輝などの右翼的思想に触発された一部の軍部がやったことって学校で習ったような気がするが、それと三島由紀夫って関係あるの?

いろんな疑問を持ちながら、この本を読んだ。

三島にとって、「天皇を中心とする日本の歴史・文化・伝統」を守るために「憲法に体を」ぶつけるとは、何を意味したのか・超越的存在を失った時、人は永遠の疎外状況に身を置かざるをえなくなる、ここに、三島の危機意識があった。

三島の国体論においては、必然的に神意=天皇は理性に対する情動、エモーション、狂気、無秩序の側にあり、・・・ロゴスではなく、パトスをその本質にしなければならなかった。

というようなことが書いてある。

三島の割腹自殺事件に影響を与えたのが、二・二六事件であり、二・二六事件の背景となったのは北一輝の思想だという組み立てなのだが、この論理構成で気になるのは「純粋性」と「絶対性」ということだ。
著者の野村氏の理解では、北一輝の思想自体が、「土偶」信仰としての天皇制というようなことを言ってみたり、アジア解放と貧民救済がくっついたりと純粋な思想とは程遠い。しかし、二・二六事件の蹶起に参加したものの中には、北一輝の思想の純粋性に惹かれたものもけっこういた。その一方で、家族に母への孝行を頼んで自分は「馬鹿者でした」と懺悔する生活者もいた。
二・二六事件は天皇を絶対性の超越者と位置付ける国家を構想することを、参加者が純粋に貫けたわけでもない。それは裁判記録を見てもわかる。しかし、その蹶起行為自体がエロチシズムを実現する過程であったことは参加者全員に共通するってことなんだろう。

三島由紀夫が『金閣寺』を書いたことは、絶対的な美しさとして記憶した金閣寺がそうでなくなる失望から「焼く」ことを思い立った主人公の話だ。
美しくない金閣を思うと、勃起しなくなる主人公がいた。焼くことはエロチシズムの実現だった。

三島由紀夫の自身の事件もまた、絶対で純粋なものを不純に実現する過程だったのかもしれない。そこに三島のエロチシズムがあったのだろう。

=============
以下は、野村幸一郎講演を聴いた後の感想。

先日聴いた野村幸一郎講演がとても面白かった。
50年前に市ヶ谷の駐屯地で三島由紀夫が演説の後、割腹自殺した「楯の会事件」と二・二六事件の関係を説いたもの。
二・二六の青年将校たちに影響を与えたと思われている北一輝の政治思想は、アジア主義、社会民主主義、天皇機関説、貧民救済、天皇明徴論などの入り交じったものだった。磯部浅一ら青年将校はアジア主義や天皇機関説は無視して、貧民救済と天皇と一体となる思想に曲解して天皇の周りにいる人たちを殺した。北一輝自身、自分は事件と関係ないと裁判で述べている。
そして、昭和天皇は自分の侍従たちを殺した青年将校たちに怒り、その行為を理解もしなかった。
三島由紀夫は、昭和天皇ではなく、磯部らにシンパシーを感じ、いや崇拝し、自衛隊員の前で「憲法に体をぶつけよ!」という演説をして、自殺した。
憲法第九条ではなく、むしろ憲法第一条の象徴天皇制が変えるべき対象だった。
三島由紀夫の思想は強烈な毒だ、という野村氏の解説は戦後日本が歩んできた歴史を考えさせられた。
『金閣寺』の頃の三島は、放火した主人公の溝口を「生きようと思った」と結び、戦後社会と折り合いを付けようと思っていたらしい。
しかし、「激」を書いた頃の三島は、自分のなかにある二・二六事件を起こした磯部らの精神を抑えきれなかったのだろう。
天皇という存在または精神が生む日本の毒が今もあると思う。

みずうみ(新潮文庫)
川端康成
新潮社
2013-06-14


この小説は今でいうストーカーの話である。
男のストーカーだけでなく、女のストーカーも出てくる。
足の醜さにコンプレックスがある主人公。
古典小説のはずなのに、この新しさは何だ?
桜を映すみずうみ。夜に放たれる蛍。
水虫の話。
これは美しい叙情なのか。
それともグロテスクな犯罪のストーリーなのか。
平山郁夫の表紙が闇の森へ誘う。

新装版 歳月 (下) (講談社文庫)
司馬 遼太郎
講談社
2005-02-15


『歳月』の終章「大久保日記」を読んだ。
大久保利通が司馬遼太郎に酷評されていた。江藤新平の亡霊のようだった。
その上で、佐々木克『大久保利通と明治維新』(吉川弘文館)と加来耕三『不敗の宰相 大久保利通』(講談社+α文庫)も読んだ。
それで冷静に考えたのだが、司馬遼太郎の歴史小説にとって、事実とフィクションって何なのだろうかということ。
佐賀の乱の後、江藤新平が問題のある裁判に処せられ、斬首されたのは事実だろう。
しかし、それが司馬遼太郎の描くようにすべて大久保利通の私怨であり私刑であるというのはフィクションだと思う。
史実を捉えるとき、とくに司馬史観を疑うには「 」書きの会話文を除いて読む必要がある。
当時、明治新政府は欧米視察組と日本残留組の間で対立が起き、征韓論を巡って、西郷隆盛・江藤新平らと大久保利通らが争っていたのは事実だ。そして征韓論が敗れ、最後らが下野し、士族の反乱が次々と起きた。
大久保が徹底してそれらを鎮圧した。その一場面だと思う。
当時、大久保がすべての権力を掌握できなかったという研究者は多くいる。佐賀の乱の前年、大久保は息子たちに遺書をしたためている。盟友西郷との決裂を覚悟したからだ。
江藤新平という類い希な才能が大久保と正面から争ったのは不幸というしかない。大久保に非情な面があったのも否定しない。しかし、私は大久保に憧れる。実際にやっていることは西郷のような愚かなことばかりなのだが。

『歳月』の「大久保日記」は作品じゃないと思う。
司馬遼太郎の解釈メモだろう。
だいたい歴史小説って嫌いだったんだけど、今回、これ読んで、今後司馬遼太郎は読む価値なしって確信した。
歴史は史実がわかるだけでよい。

それにしても『歳月』の「大久保日記」の記述はひどすぎると思う。大久保=異常者、江藤=人格者という構図ですべてを描いている。日記は権力者が死後、公にされることを前提で書いているので、大久保はウソを書いたという前提。
裁判の判決が実際に誰の手によって下されたのとか、大久保が具体的にどう関わったとかではなく、根拠なしにその構図のなかに取り込んでいく描き方。
でも、これを信じる日本国民の心性があるので、ちょっと怖い気がする。
 
歴史は善悪で動くわけでは無い。
とくに幕末、明治維新は持っている情報、その近くにいる人たちの価値観のベクトル合成で行動が変わる。
江藤・西郷vs大久保・岩倉は、征韓論問題と士族の扱い、維新政府の腐敗にどう対処するかという大きな背景のもとで動いていた。
大久保が佐賀の乱や西南戦争を制圧する歴史的意味は今ならよくわかる。当時は維新政府の腐敗、士族の処遇の不満が渦巻いていたと思う。
大久保には未来が見えたんじゃ無いかと思う。
それは岩倉使節団として欧米を見たから。未来のイメージはあった。西郷のような哲学はなかったけど、日本をどこに持って行くかのイメージがあったんだと思う。
ああ、ホントの大久保日記を読んでみよう。
 



「神の視点」とか会話文の「と言った」省略法とか誰も悩むんだってわかった。友人から教えてもらったことがそのまま書かれている。
 著者がお薦めの一番のミステリー小説は、連城 三紀彦の『宵待草夜情』に収められている「花虐の賦」とか。

約束された場所で (underground2)
村上 春樹
文藝春秋
2001-07-01


「オウム事件の最大の教訓は、人間というのは結構もろくて、色々なタイミングや条件が整うとあのようなとんでもないところに平気でいってしまう」と江川紹子氏が言っている。
「だから高校の現代社会や保健体育、青少年の心と身体を学ぶ機会に、そういうことを伝えていくことが大事」とも。
江川紹子氏の裁判記録で、実行犯になった信者のことがわかる。
専門知識やコミュニケーション能力、美貌とかで優れている人々が多い。
霊感があったりする人もいるけど、心身のどこかに不調があったり、家族関係がうまくいかなかったり、世の中の価値観に馴染めない人々ってのは共通する。そこにカルトの勧誘があれば、だんだん近づいていく。
やがて麻原彰晃の世界観の実現のために選ばれた人々が罪を犯す。
村上春樹『約束された場所で』では、そっちに行かなかった信者のことがわかる。「いいひと」が多いのもオウム真理教の信者の共通点。 村上春樹『アンダーグラウンド』に出てくる地下鉄サリン事件の被害者は早朝から電車通勤・通学する真面目な人々。 信者とふつうの人々にあまり違いがないこともわかる。
オウムには出家したけど、実行犯にならなかったのは、教団の闇の部分を知らされていなかっただけの人々。カルト教団に入らないこと、入っても犯罪を起こさないこと。
どうすればいいのか、とても難しい。
村上春樹『約束された場所で』で村上春樹と河合隼雄が対談している。
大事なのは、どこにいても個を強くすること、と村上春樹は言う。世の中は矛盾だらけだとどこかであきらめること、と河合隼雄は言う。
ユートピアなんてない! だけど自分なりに真面目に生きていく、って思ってことかな。

このページのトップヘ